In Praise of Death

The Deadvlei finds itself in Sossusvlei of the Namib Desert. Vlei means a marsh in Afrikaans. Deadvlei is an extremely dried up marsh where dead trees are left out and their trunks are turned into charcoal grey due to relentless scarcity of water. Life as we scientifically define it is absolutely over. However, the dark trees firmly rooted into the thirsty land abundantly emit flow of energy which touches me warmly. I lay my whole body on the white pan and softly put my right ear on it. The warmth absorbed from the morning sunshine caresses my skin. The endless high red dunes draw breath-takingly elegant skylines between the clear blue sky and the paled salt clay. The Deadvlei casts a smell of death odorlessly and leaves me speechless in awe of its hidden beauty.

fd5296c9-d67c-4c5d-b2b7-b21f7716a40e

I experience for the first time in slaughtering animals as part of the volunteer program at the Kevin Richardson Wildlife Sanctuary. In total six of cows, a horse, and a donkey for the lions, hyenas, and black leopards to be fed. Local farms in the area donate their cattle to the sanctuary when they are dead due to deceases and aging. Usually it costs quite a lot for the local farms to treat their dead cattle. Therefore, giving it away to the sanctuary is a win-win situation.

img_2306

With a big sharp knife, I slice the skin off from a dead cow and support sanctuary staff in cutting off the body into pieces. Unless you know the anatomy of the animals, the process of slaughter gets harshly bloody. Not only blood but also whatever liquids that you can imagine flood out of the body. Unbearable stench of putrid flesh and bare internal organ fills in the air. Overnight severe thunder storms often kill wild animals such as impalas which tend to sleep under trees. They are another important source of food for the predators living in the sanctuary. Everyday, phone calls come in to tell the sanctuary “our cows died” “dead antelopes were found.” The staff drive down to pick them up and slaughter them as soon as possible to keep the meats as fresh as possible. Heads, bones, and skins are burned to soils. Internal organs are dumped away for vultures and crows to eat off. In the sanctuary, dead animals are reduced to particles and elements, and return to the cycle of the earth.

DE53EE79-FA31-4D2F-AF7E-BCACDF4565D1.JPG

Death is detestable in our society. Our socio-cultural system is developed in a way that occupations related to death are ranked the lowest with disrespect and veiled so that none of us have to be aware of it in our daily life. Longevity and elixir of life become our foremost values, even ethics. Our dreadful effort of avoiding death is tremendously extended and enlarged beyond our bodily consciousness. In return, our intrinsic physical ability of sensing death deteriorates.

Should death be the taboo? Do we have to avoid and procrastinate our death? It is primary instinct of living organisms to avoid death and live out. However, our fear for death is unreasonably intensified. Deluded, distorted emotions and mind which are drifted away from our “animal instinct” weaken our capacity in survival. How often is our false “civilized” fear for death and loss actually lead us to death? Losing a job. The number in your bank account decreasing. Worrying about the others’ judgement on yourself. Becoming an outlier in our group. There is a crucial difference between two: 1) the truly functioned instinct that enables us to sense a risk of death and desperately try to live out; 2) the avoidance of death resulted from our illusionary fear for it because we objectify and externalize loathsome death. We who have evolved in the secluded human empire that institutionalizes our fear and hate for death are missing resilience for life. When death visits us, that’s our turn for departure. It’s an inevitable fate.

I witness various kinds of death through my journey in Africa. Mummified plants and trees in Sossusvlei stand still in the harden white pan. Dead impalas and sheep hit by thunders whose eye lids are hollowly open and necks are completely knocked off like a marionette. Two Lions incredibly easily tear apart an impala’s body for a few seconds. When I enter into their enclosure for cleaning after their meal, nothing but bones is left. The dead one becomes part of the living ones, reincarnated.

What I receive from a myriad of death is my pure surrender with awe towards indispensable beauty. Vitality in corpses. There definitely is energy that death gives and rejuvenates us who are still alive.

45348b84-c4cf-44bd-bf5b-b1ac63d9c3ab

Our lives are based on dead plants and animals. Regardless of vegan or frutalian, our life is gifted upon harvest of death. As soon as we chew, what we put into our mouth can’t help but dying. Dead creatures become our nutrition, blood and flesh. Death fuels life. Black magic worships blood of scapegoats. I feel that our life is by nature somewhat characterized with the essence of black magic. For that there is no good and evil.

My existence is based on my father’s death. (I do NOT mean that his death allows me to grow further or a loss of his life yields a new gain.) Simply, I grope and crawl for all that are generated by a phenomenon of his death, whether it’s negative or positive. It’s beyond dichotomous judgements. Whatever shit it is, every fxxking thing becomes a crop for my living (yes I’m using “negative swear words, I know.) I grapple with my desperate life until the last drop of tears. After a while, I swim in the sea where his ash is spread, looking unconcerned.

img_2718

Of course I mourn. Never healed scars of sorrow are curbed deep. So deep as a bottomless swamp. Nevertheless, what has sprouted from the seed of his death, whether it is once regarded as despair, karma, or mercy, ought to be praised. Kudos on death.

Advertisements

A rosy song for life

The second night of South Africa.
A squall wrathfully has the land soaked and wet.
Lightnings ripple the dark sky.
Thunders roar onto the yellow Earth.

IMG_2068.JPG

 

A little girl around the age of 5 in the next room is amusingly inquisitive.

“What’s your name?”
“Why are you alone?”
“What do you do?”
“Why do you eat dinner?”
“Why do you get hungry?”

Then all of a sudden she bends her knees and sits on her butt on the floor, telling me “Oh! Something is pushing me down! So heavy that I can’t move my legs. Can you pull me up?” She extends her arms towards me to invite my hands to hold hers. By holding her underarms, I lift her up and have her jump back to the standing position. We repeat this new play a few times.

Her dazzling questioning continues.
“Do you have daddy?”
Unlike to the other questions, this one freezes my mind for 0.0001 second.
“Yes, I do.”
“What language do you and your daddy speak?”
“Japanese”
“Why Japanese?”
“Because we lived in Japan,” noticing myself mixing the present and past tenses, which clearly reflects my psychology. Different voices debate in my head, how honest shall I be to this little girl who I most likely won’t see again?

“I have daddy but he is now gone. Up in the…” pointing my index finger upward, while I feel awkward to complete my sentence with the word “heaven.” I skip it by replacing with the gesture. I ain’t sure which words to use to the girl. At the same time, I laugh at myself who is automatically about to using a cliche explanation about death to a kid. Is that me? Nooooo.

She asks, “why is he gone?”
“Because he is dead,” said I, without hesitance.
“Why is he dead?”
Another pause my mind has to take. That’s an interesting question. I wanna know, too. Why?

“That’s a good question. …..Because he was called.”
“Why was he called?”
This question really really gets me like lightning strikes.

Why?

(A deep breath)

Why?

A riddle yet to be solved.

“That’s another good question honey. …..He was called because it was his timing. Everybody is called at their own timing. I will be called someday. You will, too.”

Her name is Rosy.
A minstrel with a rose sings for his life (which is equal to death).

Riddle

Dad asked a riddle to me before his departure from this world
which I have been guessing since then.

It’s ever to be solved.
The answer will be unknown.
however I’ve resolved.

A bard ridicules me,
hiding clues in his ballade.
A bard ridicules me,
masking the truth in his facade.

—————

A minstrel leaves own time
following a trace of old verses once mattered
Parsley, sage, rosemary, and thyme
Flying over straits of the salt water

A minstrel seeks own rhyme
A thorn of a rose: she merrily sings
Parsley, sage, rosemary, and thyme
A faint scent of pink colors her wings

A minstrel retrieves own chime
Ripples of a sound echo in the blue yonder
Parsley, sage, rosemary, and thyme
Until the honey due crescent will she wander

A minstrel is asleep in own time
Breathing out the tail of ancient lyrics
Parsley, sage, rosemary, and thyme
Her dream is as lucid as acrylic

awakened

This morning, I was awakened from a decade-long dream. A clear realization struck me, that he will never ever come back. As a matter of fact, it’s a simple obvious fact which I knew from the beginning. Well, I should say, I knew it as a piece of knowledge. But my deep inside didn’t realize what it really meant. Until today’s awakening, I’ve lived in a long long hazy misty dream where I was totally blind and didn’t grip the reality of an eternal separation. I knew. But I didn’t.

Needless to say, I didn’t believe a freaky thing that the deceased would revive. I understood that he was dead and that was it. Nonetheless, my life since then has been shaped around his death, or existence. I’ve devoted all my time and energy to accept, fight back, reflect on, heal, mad at, get devastated, and get out of his dying and passing. I disparately longed for and missed him in sinful regret, self-hatred, and despair. Without thinking of and being aware of impossibility of our reunion in this world, I exhausted what I had on the relationship with him. The magnitude of my missing him actually gave me the tremendous amount of energy to do things. I bestowed all of it on making my life and proceeding.

Upon the realization, I was astonished with the fact that I had been so lost in my world in relation to him. I gazed into space in my room as if I had been connected to emptiness.The experience of awakening from this immense dream was exactly the same as the every morning waking up from a dream or sleep and as the waking in a lucid dream while sleeping. “Oh! I was dreaming, and I am awake now.”  I never see him again.

No longer do I have to be driven to fill in the gap, which I would keep failing for good because it’s simply impossible. I miss you. But I can’t see you. I can’t change the past. I’m not meant to desire for what I can’t have. My life force isn’t for something that I can never fulfill. From now on, I’m able to beacon my energy, apart from the identity with him.

Wish

10298362_10152038019111360_3739338786500164915_o

A summer blue flower

wishes to be a butterfly

puts out many buds to the sky

petals in bloom like wings

A summer blue flower

follows a butterfly that flutters in the sky

petals in the dark flickers like wings

ever shining

needled in a box

A summer blue flower

wishes to be a butterfly.

 

碧い花

花は蝶々になりたくて

空に向かってつぼみを連ならせ

羽根のような花弁を生やす

空をひらひらと舞う蝶々を真似て

羽根のような花弁を揺らす

いつまでも消えない

碧の光る羽根

箱の中で針を刺された

碧に光る羽根

花は蝶々になりたくて

 

 

 

 

 

 

 

人生のDJ、繋ぎは完璧

ハードコア・ジバムクティヨガでめちゃめちゃ汗をかいた締めに、いま1番自分に必要な「逆さま」ヘッドスタンドをして、身体中を流れるエネルギーを奥から感じて至福を味わい、終わったら大好きなワンコが受付にあるカフェのソファーで寝ていたからなでなでして、お腹が減ったから美味しいバナナケーキを買って、受け取ったら焼きたてで暖かくて、嬉しくなってモグモグ食べながら通りを歩いて駅に向かったら、帰りの方角に光り輝くお月様がいて、歩きながらじょじょに強さが増す月光を浴びながら交差点で信号を待ち、青に変わって横断歩道を渡り切った時にバナナケーキを食べ終わったら、すぐ左側にゴミ箱があって空になった袋を捨てて、そのままリズミカルに歩みを止めずに歩いて、地下鉄の階段を降りようとしたら、地下鉄の入口がある建物は、バーニングマンの時にギフトとしてたくさん買って行ったベルリンの街中を写したフォトカードに載っている、ずっと気になっていた建物だった。建物にはこう書いてある。

“Dieses Haus stand früher in einem anderen Land.”

「かつてこの家は別の国に建っていた。」

ここにあったのか!!
この文の含むメッセージがあまりにバーニングマンにフィットしたから、一番枚数をたくさん買ったポストカードだった。

お家に帰る時、いつもこの建物に飲み込まれていってたのか〜〜。。。

人生のDJ、繋ぎは完璧。

キックのガッツリきいた重低音ミニマル四つ打ちから、トライバルなテックハウスに繋いで、途中チベタンモンクのチャンティングのサンプリングなんて入れて、ちょっとBPM落としてアンビエントに持っていったら、最後はアップリフティングで上音綺麗なプログレッシブ。

みたいな感じ。

photo (3)

photo (1)

日独米のサービス事情いろいろ

64140_10151571456776360_1516651499_n

バーニングマンExodusでは、BRC市内から県道(?)447に出るまで9時間かかりました。1時間完全に17レーン全停止のあと数百メートルノロノロ進んでまた止まるの繰り返し。普通にいけば10分くらいの道のりなんだよな。あれほどの待ち時間はそんじょそこらではないだろー貴重な体験じゃったなーと、ベルリンに戻ってきました。

今日はドイツがパブリックに提供しているコミュニティカレッジへ語学学校の質問をしに行きました。Volkshochschule -フォルクスホフシューレ-と言います。どんなクラスがあるか、タームの途中からでもレジスターできるのか、料金体系はどんなか、といったベーシックな質問をしたかったんです。

結果、長ーい列に並ぶことになりました。

あー、そうだった!この国、The 待ち時間だったじゃん!と思い出す。

日本みたいに「受付窓口」という緩いくくりでみんなの何でもに対応してくれる所がドイツの役所や機関にはないらしいと気が付き始めました。市役所も外人局もコミカレも、1階はほぼ何もなくてまず2階に行く。レジストレーションオフィスがあるけど、ここは完全にレジストレーションのみ!雑多な質問、相談は受け付けません。

レジストレーション部屋に並んでた人が親切に「奥の◯◯番の部屋に行くと対応してくれるわ」と教えてくれたので行ってみると、部屋の前の廊下に長い列。入口にはドイツ役所系でお馴染み!整理券発券機。どんな仕組みで何が行われているかわからぬままとりあえず整理券ゲット。椅子に座って様子を伺ったり、すでに用事を済ませたらしき人に話を聞いてみると、どうやら1人1人ドイツ語テストを受けてレベル分けしてから申し込み用紙に記入してレジストレーションという流れみたい。

お金はいるの?

IDはいるの?

単に質問したい人はどこにいけばいいの?!

試験は全部ドイツ語??

さまざまな疑問がぐるぐる渦巻くものの、他に質問に行った人があえなく玉砕して並んで待つように促されてるのを横目に見て、沈着冷静に待つことにしました。この待ち時間、日本だったらブチ切れるところですが、ドイツの列が長い理由は「サービス」の概念が日本ともアメリカとも違うからだということが解り出したので、仕方ないと感じれるようになってきた。先週までアメリカに帰ってたからこそ作ることができた3つの視点はとてもとても大事。日本とアメリカが似ててドイツだけ全然違う部分。ドイツとアメリカが似てて日本が全然違う部分。日本とドイツが似ててアメリカが全然違う部分。どの国もてんで違う部分。3国民とも共通の部分。いろいろ。

それに、ベルリンで私は何の予定に切迫されてるわけでもないから、何時間待とうが別にどーってことないのよね。先を急がねばならぬことはないし、他にやらなきゃいけないことがあるのにできなくなってしまうー!というフラストレーションもないから、待つことが「無駄な時間」にならない。時間の意味合いはライフスタイルとその土地の文化で劇的に変わるね。

ちなみにドイツのサービスは全く画一化されてないのが特徴のようです。さすが、ホフシュテッド(超古典w)の比較異文化研究で “individualistic” の強度がダントツ高いドイツ。個々人のニーズが満たされるまでマンツーマンで話し合いがなされます。 Super customized とも言えるかしら。だから長い列になるんだね。待たせることが「サービス上の悪」と捉えない。1人1人とじっくり話す。ここがサービスの質。その人が終わったら次。とてもシンプル。

706から720にいくまで小1時間。途中5,6人は待ちきれずに帰ってしまったのかいなかったので、一気に私の番号まで来たからこの時間。全員いたら2時間以上待っただろうなぁ。

photo

ドイツの役所系の建物に行くと、普通のオフィス部屋に通され、担当者のワークデスクの前に座ってやり取りします。受付用のカウンターや応接室ではなく、その人が普段仕事してるデスクに行くの。だから、部屋に入るとリラックスするけど、外で待ってる間は中の様子がまったく見えないので、何がどうなってるやら不安になります。

呼ばれて担当者のデスクに行って座ると、まずシーンってなります。これもドイツのサービスの特徴だと思う。日本とアメリカでは、お客さんが席についたら開口一番「どのようなご用件でしょうか?」「今日は何が必要ですか?」「◯◯についてご質問ですか?」など、必ず役所なりお店側の人がリードを取ります。お客さんから話しだすプロトコルではない。

ドイツは違うのだ。こっちが用件言わないとシーンとしたまま。向こうはむっつり待ってます。恐らく、何か用事があってここに来てるんだから、わざわざ “how can I help you today?” なんて美辞麗句を言う必要がないって感覚なんだろうな。そして、用件は自分は知るよしもなくお客さん本人が知ってるんだから、さあどうぞ言ってください。それに応じて動きますよ。というスタンス。

2秒ほどシーンとしちゃってから「あ、そうだそうだ、私が用件言わなきゃ」という見えないコミュニケーションルールを思い出し、基礎コースを受けたいからレジストレーションしたいと伝えると、それから一つ一つ丁寧に私の質問に答え、入りたいクラスに登録してくれました。テスト受ける必要なかったし、レジストレーションオフィスにも行かずに明日から授業に出て、お金は休憩時間に払えばいいですよ、だって。

帰り道に教科書を購入。ただ質問して様子を見るだけと思って行ったら、あっという間に明日から学校となりました。

流れる

ビザ申請のために私に美しい推薦状を書いてくれたアーティストのスタジオに遊びに行ってきたよ。彼の作品は基本は木版画だけど独自の手法を編み出していて、私たちが木版画と聞いてイメージするものとは違います。サイズは2x4メートルといった巨大なものばかり。圧巻でした。アートモチーフは何かと尋ねたら「僕の哲学だよ。哲学を言葉で書かずに僕は視覚的に表現するんだ」と言っていました。

マホガニー製の巨大な円形の水で渦を作る装置(水の動力を利用している。渦の中心に人が立っても水がかからないように設計されている)の小型版がスタジオにおいてあったので、水を入れてもらいました。作った動機は「渦の中心にいるのがどんな気分かを溺れることなく体験してみたかった」からだそう。さすがアーティストな発想!水は一番早く流れる道筋を選ぶ性質があるそうです。Water naturally chooses to move the fastest. I’m very fascinated with the fact!

他に、酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出すの私たちの呼吸の性質を利用して、人の吐く息を貯めていってダイアモンドを作る装置を化学者のお父さんと共同で開発したのだ!!!彼の息でできたダイアモンドも見せてもらいました。

絵画、版画、建築、工学に物理学、化学まで使ったアート作品たち。

Martinとの会話でとても示唆的だったのは、化学の側面から言うと、この世界で物質は「無くなる」ことは決してない、という事実。原子の繋がりや組成が変わることで質や形が変わるけれど、構成する要素は決して消えてなくなりはしない。常にこの世に存在している。木が燃えて灰になっても原子レベルでは同じ(バランスは変わるから物理的には木はなくなっているけれど)。

この言葉に、とある友人が言っていた「お金が減るのは勘違いだと思う」という意見を思い出した。お金を払ったり消費して、お金がなくなる、減ると認識する私たち。でも、本来は手元からお金がなくなる、減っているのではないのかも。お金を使うことは化学変化と同じようもの。

ナホのいる生活を始めたのは、旧来的なお金の観念のように私が「払う」「消費する」「取られないように守る」のではなく、私の体をメディアとして、お金というエネルギーが流れてく(currency)状態にしたい想いがあったから。化学からヒントをもらった夜でした。

続・家を探しています

家探しを始めてからおよそ10日。7月中旬に差し掛かるにあたり、「即、見つけなければ!」という危機感?がぐぐぐぃっと出てきた昨日の朝。家探しは友人知人にそのことを知らせて、情報が入ってきたら流してもらうのがベスト。とある友達に相談をしようと思いました。思い立ったが吉日、午後に会いに行きました。ベルリン来てすぐに会いたかったんだけど1ヶ月以上経ってしまい、やっと再会できました。

彼はAcci Babaというアーティスト。2010年6月の記念すべきTEDxTokyo yzキックオフイベントで、ベルリンからわざわざ来日してくれた。不思議な縁のある人。 https://www.youtube.com/watch?v=kXFn8xBHwn8

Skypeを介して2人でプレゼンテーション作りをしたな〜。馬場くんの奥さんは、私のことをまるで妹か娘のようにかわいがってくれてる友達の大親友。4月に日本で会った時「今のご近所さん(私の姉貴家族)と未来のご近所さん(馬場家)がいる〜♪」と喜んでいた私w

馬場くんの新オフィスでのんびりしてきました。自営業クリエイターが集まるシェアオフィス。ひろーーーくてキッチンもバスタブもあって、撮影したり作品作るスペースもあり、ベルリンらしい居心地よい空間でした。

オフィス仲間を紹介してもらいました。その中でちょこちょこうちらのところに来て会話に混ざって盛り上がったのは、ベルリン在住20年近くになるオーストラリア人。馬場くんが彼に私が部屋探ししていることを告げると、「今ぱっとは思いつかないけどFBメッセージでたまに回ってくることあるし、情報入ったら教えるね」と言って自分の部屋に戻って行った。

ちょっとして彼がうちらに向かって声高に「ルームメイト探している友達がいる!」と言ってきました!「2人から言われて5分後にFBメッセージきた。僕のすごい仲いい友達だよ。」

というわけで、FBでその人に繋げてもらいチャットを開始。そしたら、「今日、広告を出したばかりで家の内見は土曜日からなんだけど、今夜うちでBBQするからタイミング合えば来る?」と誘われたのです。オフィスがある場所からその家までわずか数駅。

「何時から何時まで?」

「今から2時頃(夜中)まで」

「行く!!!」

あれよあれよと家を見にいくことに。オフィスに遊びに行った最初のうちは馬場くんと2人で家探しの難しさ、苦労、流れやタイミング、相性の重要さを共感し合っていたばかりだったので、この展開の速さと面白さにみんな少し興奮気味。

家はとーーーーーーーーっても素敵なバルコニー付きペントハウス。家主さんとは仕事のフィールドが被る部分があって意気投合しました。家にも人にもしっくりきて、住みたいと感じられたのは今回が初めて。この家に住むことにならずとも、友達として仲良くしていきたいと思います。それだけでも大満足♪

かーなりしやわせ気分で帰宅してメールを開いたら、さらに6、7通部屋探しの返信がきていた!そのうち4通はスパムでなく、きちんと家の内見とインタビューを予定してくれているもの。普段だったら10通打って1通の返信、そのうち半分以上がスパムなのに、なんだ今日1日でこの打率!ついでに、別の友達もルームメイト探している人の情報をくれておりました。

なので今日、明日、明後日とさらに4軒見に行ってきます。

1つ前のエントリーで書いた部屋探しへの想い。ああいうスタンスにシフトすることができてから心が落ち着いてきて、そこへ昨日の「まじで部屋をすぐ見つけなきゃ!」という緊急の現実的ニーズが生まれ、んでもって会いたいと思っていた人に即行会いに行ったら、こういう風になった。Voila!

あと、部屋探しのメッセージ内容を少し変えたのが効果あったんだと思う。

いくらわけがわからないと言えど、素の私の文章を見て「いい」と感じて返信くれる人を望んでるから、日本でCommunication Process Designerという職業を自分で作ってやってきたこと、ベルリンに渡ってアーティストビザを申請し、生きる実験をアートとしてやっていくことは書いてました。そこはまったくいじってないんだけど、1行「アートファンドをもらってベルリンに来ている」と添えたんだよね。私がやっている暮らし実験は厳密にはfundとは違うかもしれないけど、見方によってはそうだし、文脈に合わせて相手が解釈しやすい言葉で説明していけばいいのかなと思っています。ルームメイトを探している人たちが求めているのは何より支払い能力。ベルリンでアーティストビザ申請中って書くと、=お金ない。になるのです。

この返信の劇的変化。あの1行が効いたんだな。

一方、夕べ見に行ったところの家主さんとの出会いはそのループとは違う、「人との繋がり」だけで出てきたもの。

偶然なのか何なのか、この日、馬場くんは6ヶ月間かけて制作していたアートワークを、私の目の前で完成させたのです!!!ラストピースの大きさや角度の微々たる調整に試行錯誤を重ねていた後に、「これは終るかも」という彼の言葉と共に接着され、ピタリとはまった。

さまざまなものが持ち、発し、影響し合っているエネルギーの戯れの妙を実感した1日でした。

ピーマンの切り方を褒められた

先週まで行っていたヴィパサナ。瞑想コースが終了した後、お昼過ぎまでセンターに残りお掃除やお料理のお手伝いをしてきました。全く違う文化圏で1つ1つ勝手が分からない上に、何しろドイツ語が話せないので、私ができる仕事は非常に限られています。日本でどんな立場にいても、有能であったとしても、英語が話せる者同士ならば問題なく持っている力を発揮できるとしても、それ以外の場所に行ったら知的作業はどうにもなりません。できることはひたすら手足を動かすこと!

というわけで、サラダ用にKohlrabiという得体の知れない野菜とピーマンを切る役目を仰せつかりました。Kohlrabiはカブと大根とビーツの間のようなもので生でも食べられます。

Kohlrabi

 

ランチが始まると「ナホの切ったピーマンはすごく薄くスライスされてて美味しかった。上手ね!どうやって切ってたのか見ておけば良かった。」と褒められました。

言葉がわからなくても気持ちは通じ合える!というのは、ある側面では真理です。私も色々な場所を旅して実感しています。でも、「暮らし」「働く」場において言語ができないのは致命的で、一気に「あまり役に立たない人」に陥ります。そんな「陥る」経験を年を重ねてもたまにすることは非常に重要なんだと思います。己が本当は何を纏った人間なのかわかる。そして言葉がわからず役立たずな中でも何が自分にできるか探し、一生懸命それを果たそうとします。必死に言葉も覚えようとする。

ピーマン上手に切れてよかったな。